製品詳細

製造施設の財務収益が重視されるなか、保守部門には、生産性の損失につながる不必要な設備の停止や計画外の中断を低減することが求められています。Xsite Computerized Maintenance Management Software(CMMS)は、製造施設における資本設備および資産の保守管理を自動化します。Xsiteは、リアルタイム資産管理アプリケーションです。

製品詳細

Xsiteを使用すれば、製造企業は、所定の保守作業指示に必要なリソース、材料、およびツールを
事前に割り当てることで、設備のターンアラウンドを短縮することができます。

工場リソースの管理

Xsiteは、設備の状態、予防・予知保守(PM)スケジュール、および現在の作業指示アクティビティを監視し、生産計画への影響を最小化します。また、これらのアクティビティ監視による交換の管理および在庫レベルの低減を図るため、スペアパーツ情報を提供します。Xsiteを使用すれば、技術者は、リモートおよびモバイル・アクセスによって現在の作業指示や設備の状況をチェックし、現在のPMに必要なパーツや使用可能なパーツを、作業開始前に確認することができます。
Xsiteは、より効率的なPMを行うために、所定の作業に適用される適正なスキル・レベルを特定します。適正なリソースを適用することで、設備停止の最小化および工場生産性の最大化を図り、コスト削減を実現することができます。

予防・予知保守(PM)

Xsiteは、MESから直接受け取ったリアルタイムの装置入力に基づいて計画および管理を実行する独自の機能を提供します。
Xsiteを使用すれば、製造部門は、条件に基づいて予防・予知保守スケジュールを起動する自動トリガを設定することができます。
このようなCMMSのグッド・プラクティスは、設備の可用性を向上させ、より効果的でタイムリーな予防保守(PM)プログラムがもたらす利益を拡大できるので、生産管理部門では、歩留まりの向上およびオペレーション効率の向上を実現することができます。

MESの統合

Applied社は、工場現場システムとのデータ交換によって製造の最適化を実現します。
Xsite FACTORYworks®と完全に統合されており、共通のユーザ認証およびデータ・モデルを使用して稼働します。Applied社の統合設備保守およびMESシステムは、スケジューリング、新規要求と現在の作業アクティビティ、および次回の保守情報を提供し、必要に応じたWIPの再配分を可能にすることで、リソース使用率の向上を図ります。さらに、Xsiteはすべての主要なサードパーティ製MESシステムにも統合されているので、製造オペレーションのリアルタイム状況に基づいた統合保守管理を実現することができます。

ペーパーレス運用

Xsiteは、修理マニュアル、サービル履歴、運用手順、非常時対応手順を含む設備ファイルへの電子アクセスを可能にします。
無線ハンドヘルドPDA(Personal Data Assistant)からソフトウェアにアクセスできることで、柔軟性とパワーが一段と拡大し、事実上どこからでもリアルタイムに保守レコード、診断、修理用パーツ、およびナレッジ・データベースにアクセスすることができます。

設備総合効率(OEE:Overall Equipment Effectriveness)

OEEは、パフォーマンスと使用率に基づいた設備オペレーションの分析です。
算出にはFACTORYworksおよびXsiteから収集したスケジュールおよびオペレーション情報が使用されます。具体的には、停止時間、定期保守、段取り時間、遊休時間、生産速度、および品質が考慮されます。Applied製品が提供するデータは、経営層およびオペレータに対して、工場リソース使用状況の測定と改善、および歩留まりの向上に役立つ指標を提供します。

オープン・アーキテクチャ

Xsiteは、オープンなオブジェクト指向アーキテクチャを基盤としているので、ユーザは、ニーズに最も適合した工場アプリケーションおよびデータベースを選択し、統合することができます。技術者は、工場内の任意のクライアント画面から、設備の状況や、現在の作業要求およびアクティビティを確認できます。Web Service APIを使用すれば、Xsiteのリアルタイム機能やデータにアクセスできるので、他のクライアントとの統合も可能です。Xsiteは、すでにあらゆる主要なMESアプリケーションとともに導入されています。

設備の分析

設備状況、予防保守作業、コスト、リソース使用状況、および交換用パーツの評価に関する標準レポートなど、広範なレポートおよび分析機能が使用できます。Xsiteは、設備の稼働時間、使用率、可用性、修理用パーツの在庫、およびMTTR/MTBFに関する情報を製造部門にリアルタイムに提供します。Xsiteは計画作業指示、修理履歴、およびコスト分析などを通して、収益を創出する設備資産の監視を実現します。標準的な保守アクティビティでは、障害コード、パーツ交換、チェック・リストの承認、材料および人件費といった情報を集める必要があります。収集されたデータは、障害の再発を減らすために、パフォーマンス、障害の状態、およびコストの分析に使用されます。

設備情報および履歴

情報のドリルダウン機能により、技術マニュアルおよび修理マニュアル、システム図、標準運用手順といった設備保守関連ドキュメントを作成することができます。設備履歴では、MTTR、MTBF、使用率計算、予定および予定外イベント、修理用パーツの使用、コスト、生産設備が使用できなくなった日付などを含むパフォーマンス測定値が収集されます。設備に関するナレッジを蓄積することで、保守実施時間の短縮を図ることができます。

設備情報および履歴

Xsiteは、MESから直接受け取ったリアルタイムの装置入力に基づいて
計画および管理を実行する機能を提供します。

IT仕様
  • Web Service API
  • FACTORYworks 2.4~3.x互換
ハードウェア仕様
サーバー: HP UNIX - PA-RISC/Itanium
64ビット v11.0および11i
SUN UNIX - UltraSPARC
64ビット Solaris v2.8
HP Alpha - Tru64
64ビット v5.1および 5.1A
デスクトップ・クライアント: PC(256MB RAM搭載)
1GHzのプロセッサ
モバイルPDAクライアント: Windows Mobile 2003(Pocket PC)
デバイス(無線ネットワーク接続)

Applied Materials/AGS MASは、CMMSアプリケーションのリーディング・プロバイダです。MESと統合されたCMMSを提供することで、設備保守の完全なリアルタイム追跡を実現できるのは、Applied Materials/AGS MASだけです。

特長

  • ■設備耐用年数の延長
  • ■全体的な在庫レベル管理の向上
  • ■リソース効率の最大化
  • ■設備のアップタイムおよびスループットの向上
  • ■設備の信頼性および多様性の向上
  • ■推測による保守および人員配置の排除
弊社製品に関するお問い合わせはこちらから